スポンサードリンク

2011年03月05日

春の花

まだ寒いけど、なんだか春の気配。
ここのところ、オンラインでお花が届いて、なんだかうれしいぞ。

といっても、オンラインショッピングのお花が、花屋さんから届くという3D的現象じゃなくて、花の写真がメールで送られて来るという2Dなお話。

きのう、朝起きてメールチェックしたら、きれいな梅の花が、日本から届いていました。

大阪にいる、高校時代の同級生M君が、ほぼ毎シーズン送ってくれる花便り。梅、桜、紅葉と、日本の季節の移り変わりを、彼の写真で楽しませてもらっています。(いつもありがとね♪)

新聞の「梅だより」に、万博公園満開となっていたので、ひな祭りの日に、雪がちらちらと舞う中、行ってきたそうです。撮りたてほやほやの、まだ匂い立つ香り付きのを、送ってくれました。

その前日には、フランスのノルマンディに住む友人のマリエレーヌから、自宅の庭で咲いた、プリムローズ(さくら草)の写真が届きました。

いやあ、いずこも春ですねえ。は、ええんやけど、このフレンチマダム、とってもフレンドリーでステキな人なんだけど、トホホな習性があるのよぉ〜。

メールをダウンロードするとき、えらい時間がかかってんな〜、というとき、犯人は決まって、マリエレーヌ、おまえだ!

なにしろ、大画面の写真を大量に送って来るので、重くて重くて、ダウンロードに時間がかかって、しゃ〜ない。

その点、M君が送ってくるのは、数多く撮った中での厳選の一枚だし、重いもののときは、ちゃーんと圧縮して送信してくれるから、何ら問題なし。

ところが、マダムは「重い」とか「容量」とか、いや、それ以前に「選択」という単語は宇宙のかなたにブッ飛んでいるので、ご親切に、自分がデジカメで撮った写真をじぇ〜んぶ、送ってくださる。

「これとこれなら、どっちか1枚でええやん!」と、何度もパソコンに向かって突っ込むわたし。ていうか、普通、全部は送らんだろ?

でも、言えない、そんなこと。
パソコンのことをよく知らなくて、何の悪気もなく、嬉々として、無邪気に大量送信するマダムを、傷つけてしまいそうで……。

気づいてほしくて、わたしが送るときは、一枚か二枚、これみよがしにサイズを小さくして送るけど、今のところ、まったく効果はございません。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
 
| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます。

日本は、つい先日まで大雨注意報が出ていたと思ったら、あっさりと梅雨が明けて、こんどは猛暑で熱中症?

群馬県の伊勢崎で、38度を記録したと聞いて、ひゃあ〜!
どうか皆様、くれぐれも、ご自愛なさってくださいね。

わたしはスペインのセビリヤで40度を経験したので、うん、わかりますよ、38度がどんなものか。もうネ、歩いててアスファルトが溶けそう!

でも、先月、インドに駐在していた友人と電話で話したとき、インドでは6月で50度を超えていたと聞いて、う〜、50度って、想像がつかん……。

車のボンネットで、目玉焼きができそう。ちなみに、わたしの友人で、アイロンを逆さにして目玉焼きを作った奴がおりましたが。

ま、それはともかく。こちらイギリス南東部では、最高気温26〜28度。でも、空気が乾燥しているので、家の中は涼しくて、24度くらい。クーラーも扇風機もなしで、この温度なので、ずいぶんと過ごしやすいです。

軽井沢のような涼しさだそうで、おかげさまで、気温に関しては、避暑地のように贅沢させてもらってます。

ロンドンあたりでは、もう少し気温が高いかもしれませんが、ここマーゲイトは海風が吹いてくるので、そのぶん、涼しいようです。

日本では、小中学校、もう夏休みに入ったそうですが、わが家の向かいの小学校は、今週末から休みに入ります。

とはいえ、なあに、この時期、ほとんど勉強なんかしないです。夏休みの2週間前から、もう、学校も生徒も、さまざまな行事で浮かれっぱなしで、授業どころではないらしい。

遠足だの運動会だの、オープン・デイ(学校を一般に公開する日で、文化祭に似ている)だの、ディスコ(学校が主催する!)だのがあったりするのです。

夏休みといえば、わたしたち日本では、宿題がたくさんあったけど、こちらは学年末なので、宿題もなくて、遊び放題のサマー・ホリディ。

それが親にとっては悩みのタネで、子供をどうやって、長い休みを退屈させずに遊ばせるか、そのアイデアがこの時期になると、新聞雑誌に載っているのを、よく見かけます。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

ピクニックハンパー

こちらでは、今、桜吹雪です。わが家の前の、小学校の桜が散って、歩道がピンクに染まっています。

先日、あんまりお天気が良いので、ドーバー海峡を見下ろす白い崖の上に、今年初のピクニックに行ってきました。

ピクニックハンパーそう、今年もピクニックシーズン到来で、春夏はわが家のピクニックハンパー(バスケット)が大活躍! じつはこれ、18年前に、結婚祝いにいただいたものなんです。

コトナム卿に、「お祝い、何がいい?」と聞かれて、「それじゃ、ピクニックハンパーを」とお願いしたら、こんな立派なセットをくださったのです。

あらら、こんなところでバレてしまいましたわね。コトナム卿という名前から、お察しいただけるように、この方は貴族で、じつは宅の主人も、貴族の出てございますのよ、おほほほほ。

てな寝言はさておき、コトナム卿が貴族なのは事実ですが、この方との関係は親戚でもなんでもなく、うちの父ちゃんが教えていた学校のオーナーだったので懇意にさせていただいたという、赤の他人です。
  
あのとき、沢山の方から結婚祝いをいただいたのですが、そのなかで、まあ、このピクニックハンパーぐらい、もう最高に役に立ったというか、毎年毎年使いまくったものはありません。

お皿とマグカップは陶器ですが、この18年間、あんなに使ったのに、一度も割れたことがないのです。

スプーン、ナイフ、フォーク、魔法瓶、サンドイッチを入れる箱も、オリジナルのものです。ただ、籐で編んだケースに入っていたガラスのコップは割れてしまい、今はありません。でも、これ、18年前のものには見えないでしょう?

これを贈ってくださったコトナム卿は、10年くらい前に亡くなったので、この陶器のほうがサバイバルしちゃった。これからもずっと、大切に使っていきたい、わたしたちにとっては、記念の宝物です。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

春の訪れ

日本では桜がそろそろ、咲き始めたのではないでしょうか? イギリスの春の象徴は、なんといってもダフォディルズ、水仙です。

あ、水仙といっても、日本でよく見かけるナーシサスじゃなくて、こちらのは、黄色くて大きなラッパ水仙です。

今週になって、わが家の庭に、4種類のダフォディルズが花開きました。二つは花びらが白くて、あとの二つは黄色です。うちの可愛いダフォディルちゃんたち、どうぞ見てやってくださいまし。

ダフォディルダフォディル

ダフォディルダフォディル


I wandered lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees,
Fluttering and dancing in the breeze.

谷また丘のうえ高く漂う雲のごと、
われひとりさ迷い行けば、
折りしも見出でたる一群の
黄金色(こがねいろ)に輝くの水仙の花
湖のほとり、木立(こだち)の下に、
微風に翻(ひるがえ)りつつ、
はた、躍りつつ 
                  (田部重治訳)

湖水地方の湖畔に咲く、黄金色のダフォディルズ。
あの桂冠詩人ワーズワースが詠った「黄金色(こがねいろ)に輝くの水仙の花」、上の写真では右下の、全体が黄色いタイプのようです。

うっとりするような美しい詩ですが、ん? 待てよ、ひょっとしてわたし、去年も水仙の季節にこの詩を載せなかった?
……た、たぶん、載せたような……(汗)

と、とにかく、イギリスで春といえば水仙、水仙といえばワーズワースの詩、これが定番ネタだから、いいのっ(居直った!)。

長くて暗いイギリスの冬がやっと終わったことを教えてくれる、黄水仙。この花が咲くのを、イギリス中の誰もが、どんなに待ちこがれていたことか。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ

| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

スノードロップス

先週、大阪にいる友人が、万博公園の梅祭りに行って来たといって、写真を送ってくれました。

一枚は白梅とその枝に止まるメジロ、もう一枚は紅梅。日本の早春、梅の香が匂い立つような美しい写真に、うっとりです。

さてさて、イギリスの早春といえば、なんといってもスノードロップス。今年は、結構雪が降ったりして、寒い冬だったので、開花が遅いです。いつもなら、2月には咲くのに。

で、行ってきました、「スノードロップ花見」に。わが家では、毎年、この時期になると、夫婦でスノードロップを見に行きます。

これは、日本のお花見を素敵な習慣だと思っている、うちの父ちゃんが提案したのが、きっかけです。

でも、なにしろまだ寒い時期なんで、花のまわりでピクニックというわけにはいかず、花を見た後はどこかでお茶を飲んで帰る、っていう、ま、それだけのことなんですが。

ちなみに、スノードロップスって、どんな花か、ご存知? ちっちゃくて、可愛らしくて、清楚で、まるであたくしのような(←どこが!)お花でございます。
スノードロップス
わたしは、この白い花が大好きです。それは、イギリスの春の訪れを、真っ先に知らせてくれる花だから。どんなに暗い冬でも、これが咲けば、「まだ寒いけど、もう少しの辛抱だからね」と教えてくれるから。

スノードロップスの意味は「雪の雫」。背丈は15センチくらい、花の大きさは2センチくらいで、あちこちの野や森で群生しています。

残り雪が溶けて、それが小さな花となって森の地面を覆っている。そんなイギリスの早春賦です。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

夏の田園風景

きょう26日は、アフガニスタンで復興支援活動中に、武装グループによって殺害された、NGO「ペシャワール会」職員の伊藤和也さんの命日です。

出身地の静岡県掛川市では、23日に一周忌の法要が営まれました。伊藤さんの御霊に手を合わせるとともに、二度とこのような惨事が起こらないよう、祈るばかりです。

さて、先日、NPO法人「緑と水の連絡会議」に会費を払ったら、そこの事務局長をしている友人から、お礼の絵葉書が届きました。

いいですねえ、絵葉書って。
きょうびは何でもメールで、速くて良いけれど、それだけに手書きの絵葉書は格別です。

その葉書は、写真家今春光彦氏の作品で、8月処暑の日本の山里風景。深い緑の山を背景に、田んぼのあぜ道を行く3人が、小さな点景となっています。夏休みの子供たちでしょう、それぞれの手には、虫捕り網が。

イギリスの夏の田園風景それにひきかえ、ここイギリスの8月は、まあ、見てくださいな。
ちっとも夏らしくない、こんな風景です。

収穫の終わった麦畑、刈り取り機が束ねたワラの束が、畑のあちこちにごろごろ転がっています。この束、直径が1mぐらいから、大きいものだと人の背丈ぐらいあります(大きさは機械によって違うみたいです)。

麦は7月には黄色く色づくので、早い所では7月下旬に、収穫が始まります。だから、イギリスの夏の田園は緑じゃなくて、黄土色。

なんだか、日本のお米の収穫の時期を思い出すので、ちっとも「うお〜っ、夏だっ!」という感じがしないのです。おまけに気温は、ほとんど30度行かないし。セミもいないし。

な〜んか、ぜ〜んぜん物足りない夏が、そろそろ終わろうとしています。今年は日本は冷夏だそうですが、農作物の被害が心配です。



★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

エイプリルフール

きのうは、エイプリルフールでした。
イギリスでは毎年、この日に、テレビ、ラジオ、新聞などのメディアが、嘘ニュースを流します。

もちろん、よく見れば、あるいはよく聞けば、嘘とすぐにわかるので、きょうび、だまされる人はいないと思います。

ところが、半世紀前の1957年のエイプリルフールに放送された、BBCの人気情報番組で、まんまとイギリス中がだまされたぁ〜!

それは「Swiss Spaghetti Harvest」、スイスでスパゲッティが豊作で、木になったスパゲッティを収穫しているという映像でした。

それがこちらのクリップ

↓ ↓ ↓

http://www.youtube.com/watch?v=SyUvNnmFtgI&feature=related


1957年当時、おそらく日本でもそうだったと思うのですが、一般のイギリス人は、スパゲッティなんて食べ物、ほとんど知らなかったのです。

ましてや、公共放送であるBBCの情報番組で、国民的人気アナウンサーの声で紹介された、映像です。

当時、スパゲッティが小麦粉から作られた食品だという知識がなかったので、番組を見た視聴者から、その木の栽培方法などの真面目な問い合わせが殺到しただけでなく、

学校では、それを教材として取り上げ、スパゲッティは木になるものだと、子供たちに教えてしまった!

その反響の大きさに、この「スパゲッティがなる木」という嘘ニュースは伝説となり、今でも、エイプリルフールといえば、イギリス人はこの話をするくらい、語りぐさになっている有名エピソードです。



【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

水仙

今、イギリスでは、水仙の花がまっ盛り!
わが家の庭でも、ダフォディルズが咲いています。ダフォディルズ

イギリスで水仙といえば、黄色くて大きなラッパ水仙。これがダフォディルズで、日本の小型の水仙はナーシサスと呼んで、区別しています。

ダフォディルズといえば、思い出すことがあります。昔々のお話ですが、わたしがまだ、この町の英語学校に通っていたころ……

ある土曜日の朝、町に買物に出かけたら、通りで、担任の先生にバッタリ! お茶でもどう? といわれて、ホイホイとついて行きました。

もちろん、相手にもよるけど、こういう場合は、お茶をごちそうになったうえに、英会話の個人レッスンを無料(ただ)で受けさせていただくようなものだから、ホイホイとついて行きました。

わたしはこのとき、ジーンズに黄色いウールのセーターを着ていたので、お茶を飲みながら、こんな会話が始まりました。

「きれいな色のセーターだね。タンポポの色?」
「ううん、カナリアの色」
「いや、違うよ。ダフォディルズの色だ!」

そして、彼は、桂冠詩人ワーズワースの詩を口ずさんだのです。

I wandered lonely as a cloud
That floats on high o'er vales and hills,
When all at once I saw a crowd,
A host of golden daffodils,
Beside the lake, beneath the trees,
Fluttering and dancing in the breeze.

谷また丘のうえ高く漂う雲のごと、
われひとりさ迷い行けば、
折りしも見出でたる一群の
黄金色(こがねいろ)に輝くの水仙の花
湖のほとり、木立(こだち)の下に、
微風に翻(ひるがえ)りつつ、はた、躍りつつ   (田部重治訳)


これを聞いたとき、イギリス英語って、なんてきれいなんだろう、って思いました。

このときの担任の先生が、うちの父ちゃんです。
今でも、ダフォディルズの季節になると、この詩を暗誦してもらいます。ワーズワースが暮らした湖水地方の、絵のように美しい景色を
思い浮かべながら……。


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 季節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。