スポンサードリンク

2011年01月27日

無神経はお互いさま?

先週、こんなニュースを見かけました。
英国BBC放送のお笑いクイズ番組「QI」で、日本の被爆者のことをネタにして笑ったことについて、日本大使館が抗議した、と。

番組内で、広島で被爆して長崎に戻ってまた被爆した男性を、「世界一運が悪い男」として紹介しました。

でも、その方は93歳で亡くなったので、「93まで生きたのなら、そんなに不運じゃない」とパネラーがコメントして、会場からドッと笑いが起こった、というものです。

日本大使館の抗議に対して、製作会社からは「配慮が欠けていた」との返答があり、それから今週になって、BBCから謝罪があったようです。

この「QI」という番組、俳優のスティーブン・フライが司会をして、4人のパネラーがお笑いを混じえて答えるもので、うちの父ちゃんも毎週見ている人気番組です。

イギリス人のユーモアって、日本人と違って、ドライで、皮肉やブラックも多く、「えっ? そこで笑うか?」と、わたしは驚くことが結構あるのです。

それにしても、被爆者を笑いのタネにするとは、なんと無神経な。
その点、わたしたち日本人は…… ん? いや、待てよ。
そうだ、思い出した! いやいやいや、人のことなんか言えないぞ。

日本人だって、こういうデリケートな問題で、物議をかもし出したことがあるのです。

もう、ずいぶん前のことなんですが、パリ・コレクションで、日本のファッションブランドの「コム・デ・ギャルソン」が発表した作品が、アウシュビッツのユダヤ人収容服にそっくりだった!

それでマスコミに叩かれて、その日本人デザイナーは「知らなかった。申し訳ない」とコメントし、その服は販売中止になりました。

そのデザイナーにしろ、あのQIのパネラーにしろ、ホロコーストや原爆について、もう少し理解があれば、違っていたのかもしれません。

ちなみに、今日、1月27日は、アウシュビッツ強制収容所開放記念日です。あれから、66年が経ちました。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
 
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。