スポンサードリンク

2010年11月20日

ウィリアム王子が贈った婚約指輪

今週の火曜日、9日の朝に、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの婚約発表があって、もう、イギリスのメディアはだんじり祭りでした。

その日はすぐに、「ウィリアム&ケイト」の特別番組が、あちこちのテレビ局で放映されたし、次の日の新聞の第一面には「結婚式は7月8日か?!」なんて大きな活字が。

なにしろ、チャールズ皇太子と故ダイアナ妃以来、30年ぶりの大きな結婚式です。そして、英国王室史上初の恋愛結婚は、異例づくめです。

お相手のケイトさんは、セントアンドリュース大学の同級生で、英国王室初めての、ミドルクラス出身の王妃となります。2001年に大学で出会った二人は、2007年に破局したものの、3ヵ月後に復縁、という過程を経て、ようやく結婚にこぎつけました。

すでにニュースでご存知かと思いますが、ウィリアム王子がケイトさんにプロポーズしたときに贈った婚約指輪は、母の形見で、故ダイアナ妃が婚約発表のときにはめた指輪です。

これがまあ、やけに石の大きさが目立つ見事なサファイヤ。12カラットのデッカイ楕円のサファイヤの回りを、小さな14個のダイヤモンドが飾っている。

1981年にウィンザー城で、宝飾店が持ってきた婚約指輪を選ぶように言われたダイアナさんは、「もともとサファイヤが好きだし、気に入ったから」という理由で、それを選んだようです。

これについて、「一番大きい石を選んだ」と陰口をたたく人もいたようですが、ロイヤル・ジュエリーの専門家は、ちょっと違う見方もしているようです。

婚約当時、ダイアナさんは、チャールズ皇太子にカミラさんという愛人がいることに、気づいた。だから、婚約解消すべきではないかと、非常に悩んでいた。彼女は、ストレスがあると、指の爪を噛むクセがあるので、爪はボロボロ。

でも、もう婚約解消できないところまできてしまった。指輪をはめたこの手を、この指を、報道陣の前にさらすことになる。ならば、せめて、人々の目が指輪に釘付けになって、爪の方に行かないよう
に……。 

そんな配慮が働いて、目立つ大粒の指輪をチョイスしたのではないでしょうか。

愛のない結婚を強いられたダイアナさんに比べて、普通の恋人として王子と半同棲状態のケイトさんは幸せです。

21世紀になって、英王室もやっと、新しい風が吹き始めたようです。故ダイアナ妃のような悲劇が、どうか、二度と繰り返されませんように。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
 
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。