スポンサードリンク

2010年11月05日

お葬式は2週間後に

アッという間に、もう11月。
あとひと月で今年もお終いなんて、いくらなんでも早すぎるううう!

ところで先週、親戚のおばあちゃんのお葬式に、リバプールの近くまで行ってきました。夫の母のいとこ、という関係なんですが、親しくさせてもらっていて、わたしの大好きなおばあちゃんでした。

100歳で、就寝中に亡くなるという、大往生なので、お迎えの時期が来たということなのでしょう。もう会えないのが悲しいけれど……。

イギリスで、これまでに何度か、親戚や知人のお葬式に参列して、いつも不思議に思っていたのは、亡くなってかなりの日数が経ってから、お葬式が行われるということです。

今回の場合は、亡くなってから14日目がお葬式だったのですが、真夏でも平気で、3週間後に、なんてこともあります。

なぜこんなに時間を置くのかというと、まあ、わたしの単純な頭で考えるに、生きている人の都合を優先するから、ではないでしょうか。

それにくらべると、日本の場合は、亡くなった人優先。身内や親戚のお葬式は、緊急事態で、何は置いてもあたふたと駆けつける、みたいなところがあります。

でもイギリスでは、参列者が、お葬式を予定として組み込める時間的余裕が与えられる。だから、関係者の都合を考えて、という感じがします。

そこで、問題がひとつ。
その長い間、どうやって遺体を保存するのか。

遺体は葬儀屋で預かってくれると聞いていたので、単純なわたしは、葬儀屋に遺体専用のでーっかい冷凍庫があって、冷凍保存するのかなあと思っていました。

ところが、ネットで調べてみたら、そうじゃない。
「エンバーミング」という、死体防腐処理がほどこされるんだねえ。

死体のへそを切開して、そこから血液などの体液やガスを抜き取り、そのあと、ホルムアルデヒドなどを成分とする防腐剤を注入する。

防腐剤というのは、いわゆる殺菌剤なので、微生物の活性を止めることによって、人体の組織の腐敗を防ぐ、というわけです。

また、ドライアイスを使って冷凍保存という方法もあるそうで、これらの方法を使えば、かなりの期間、保存は可能のようです。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
 
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。