スポンサードリンク

2010年10月08日

出世と幸福

先週、日本のサイトを見ていたら、こんなニュースが載っていました。
【若手サラリーマンの出世予想、4割は「係長より上は無理」】

『R25』が独身サラリーマン500人に、自分がどこまで出世できると思うか調査したところ「ヒラのまま」と答えた人が23.6%で、ほぼ4人に1人。

「係長クラス」が14.8%で、「係長以下」どまりと予想する人が38.4%にものぼった。

この結果を見て思ったんですけど、でも、ヒラのままじゃいけない? 係長止まりじゃだめなの? 出世が幸福に直結するわけじゃないから、人それぞれの人生、それで良いのでは?

たまたま、そのとき、アラン・コーエンの「今日から人生が変わるスピリチュアル・レッスン」という本を読んでいて、タイムリーにもこんな話が載っていました。

そのパラドックスな堂々巡りに、わたしゃ一人で大笑いしてしもた。でも、まさしく「幸福とは何か?」を象徴するエピソードです。長いので、手短に端折ってご紹介しますね。


                ◇    ◇    ◇


ハーバード大学で経営学の学位を取った、アメリカ人のビジネスマンが、メキシコの海辺の村にやってきて、一人の漁師に出会います。

漁師の小舟には、大きなマグロが数匹。これを見たビジネスマンが、話かけました。
「もっと沖に行って、もっと魚を獲ったらどうかね」

「今さし当たって、家族を支えるにはこれで十分なんだ」
「だが残った時間で何をするんだね」

「遅くまで寝て、ちょっと魚を獲って、子供らと遊んで、妻とシエスタをして、村に歩いていって、毎晩ワインを飲んでは男友達とギターを弾くんだよ。私は充実した忙しい日々を送っているんだよ、セニョール」

それを聞いたビジネスマンは、漁師にアドバイスします。
もっと漁に時間をかけて収入を増やし、そのお金で大きな船を買うといい。そこから出た利潤で、船を増やしていき、船団を持つ。

そして、缶詰工場を開き、加工、製品、流通をコントロールする。
すると、この村を出てメキシコシティに移る必要が出てくる。

それから、将来的にはニューヨークへ行って、自分の会社を経営し、株の公開をして、株を売り、何百万ドルも儲けるのだ。
「何百万ドルもかい、セニョール。で、それからどうなるんだい?」

「そうすればお前は、引退できる。そうしたら、海岸の小さな村に移り住んで、朝寝をし、ちょっとだけ漁をして、子供らと遊び、妻とシエスタをし、夕方には村に行ってワインを飲み、男友達とギターを弾くんだよ」


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。