スポンサードリンク

2010年10月01日

友達の値段

先々週のクリスティナ・オナシスのバイオグラフィーの続きなんですが――

わたしのような庶民がこれを読むと、ミリオネア、じゃなくてビリオネアの豪勢な暮らしぶりに、へーえ、ほーう、と、思わずうなってしまいます。

だもんで、へーほー、へーほー言いながら、400ページを読んだのですが、そのへーほー話をいくつかご紹介しましょう。

ヨーロッパのセレブが、パリのオートクチュールで服をあつらえるのは、まあ、普通のことなんですが。で、ついでに子供たちの服も、注文して作ってもらう。これも、まあ、よくあることです。

ところが、オナシス家ともなると、さらにその上をいっちゃうんだねえ。クリスティナが幼いころ、彼女のきせかえ人形の服を、クリスチャン・ディオールに作らせていた!

そして、結婚して妊娠すると、スイスの産科医に診てもらうために、レマン湖のほとりに豪邸を買って滞在。そこに、パリのディオール店から販売員を呼び寄せて、ベビー服の相談&注文。

娘が生まれると、毎年、ディオールの子供服に費やした費用が約500万円。

レマン湖の豪邸には、子供の誘拐を恐れて、防犯設備はもちろんのこと、リビングルームの中に、スイミングプールを作らせた!

クリスティナは何度か妊娠中絶したあと、4度目のティエリー・ルーセルとの結婚でやっと自分の子供を設けるのですが、このダンナがまた、絵に描いたようなゴールドディガー。

彼女がレマン湖に滞在中、ルーセルはせっせと浮気に励んだので、愛人のギャビィ(スエーデンの美人モデル)も妊娠しちゃった。

もともとルーセルとギャビィは恋人同士で、彼はギャビィに、結婚しても二人の関係は変わらないと約束した上で、金目当てでクリスティナと結婚したのです。

もちろん、クリステイナはそんなこととは露知らず。パリに住まわせていたギャビィのお腹が大きくなると、ゴシップの種になるのを避けて、ルーセルは彼女をスエーデンに移します。

でも、心配ご無用。彼はクリスティナの自家用ジェット機を使って、スエーデン、スイス、そして仕事はパリと、ああ、忙しい。

とはいえ、こんなことしていると当然、結婚は破綻します。
そうなると、クリスティナはどうしたと思います?

淋しさをまぎらわすために、元彼に来てもらうのです、お金を払って。一緒に食事をしたり、その後リビングでテレビを見るために支払った給料が、毎月約600万円……。

友情をお金で買う、ってか。
ハア〜、お金がありすぎるって、なんだか、悲しいことかもネ。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
スポンサードリンク
| セレブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。