スポンサードリンク

2010年12月25日

今年の一枚

先週は、風邪をひいてしまいまして。39度の熱は出るわ、関節は痛いわで、寝込みました。今回はなぜか、骨に来て、深呼吸すれば肋骨がイデデデ……、寝返りをうてばあちこちの骨や関節が、イデデデ……。

そんな骨痛(?)も、今はウソみたいに回復して、さあ、今年もついに、あと数日となりました!

今年はどんな年だったかなあ、と振り返るに、わたし個人的には「やるぞ!身辺整理&お片づけキャンペーン」に燃えた一年でありました。

とはいえ、もともと、モノにあんまり執着がないタイプなので、収集癖もないし、ブランド物にもまったく興味なし。それなのに、モノって溜まってしまうのよねえ。これぐらい金が溜まってほしいもんだよ、ったく。

で、この一年、ちょびっとづつ、身の回りを整理してきました。うん、結構、スパッと自分の過去に決別して、捨てた、捨てた。そして得たのが、モノを手放す爽快感。そして、足るを知る幸福感。

それでもまだまだ、お片づけする場所はあって、たとえばパソコンの中。ここにも結構、ゴチャゴチャ詰まってるし、他人にのぞかれると恥ずかしいモンも潜んでおるのだ。あ、いえいえ、やらしい画像とか、そんなんとちゃいまっせ。

そうだ、画像といえば、溜まりに溜まった写真を整理しないとぉ〜、とフォルダを開けたら、「おー、こんなこともあったよなあ」「ああ、そうそう、このときは〜」なんて、思い出に浸って、ちぃ〜っとも作業が進まん。

えーい、進まんついでに、ここらで休憩じゃ! お茶をいれて、渋茶をすすりながら、イタリア旅行の写真をながめていて、目にとまったのがこの絶景。わたしの「今年の一枚」です!
チヴィタ・ディ・バニョレージョ

これは、イタリアのローマの北部、ラツィオ州ヴィテルボにある、Civita di Bagnoregio (チヴィタ・ディ・バニョレージョ)という町です。  

イタリアによくある、いわゆる丘上都市の一つですが、ここは「la citta' che muore (死にゆく町)」と言われていました。

17世紀、18世紀と、2度に渡る大地震の被害、そして、過酷な環境と不便な暮らしに、ほとんどの住民が町を出て行き、廃墟の町となってしまったのです。

今でこそ、立派な鉄骨の橋が出来ていますが、昔は石の橋で、交通手段はロバでした。滑らないよう工夫された急斜面の橋を、あえぎながら登って行くと、目の前に、素晴らしいヴィテルボの展望が開けます。

この廃墟の町にも、今は観光客が押し寄せ、土産物屋、レストランもオープンして、もう「廃墟」の名前は返上です。でも、この丘上の町が、空にそびえるように、バーンと目の前に見えたときは、感
動でした。

さてさて、今年一年、このブログにおつきあいくださって、本当にありがとうございました。来年もまた、どうぞよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えくださいね。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
 

2010年12月10日

アースマラソン、福岡まであと25日 !

アースマラソンの寛平さん、現在、中国でチンタオに向かって走ってますが、いよいよゴールが見えてきましたね。

日本上陸の予定が、来年の1月4日。福岡到着まで、あと25日 ! そして、ゴールは1月21日、大阪城公園内の大阪城音楽堂です。そのときは、号泣だろうなあ。

スタートしたのが、2008年の12月17日。たしか、吉本の劇場の舞台からでしたっけ? さんまさんを始めとする、多くの芸人たちに送られての出発でした。

あれから、走り続けて2年。すごいなあ。前人未到の挑戦が、あと少しで成就されます。

アースマラソンのサイトで、寛平さんのビデオクリップを見ていると、中国の建築ラッシュの様子が伝わってきます。

いやでも、中国の開発における激しい上昇気流を見せつけられる思いですが、西安に入る前あたりだったかな? 道路端で、やたらと大型トラックが横転していたのです。

カーブを曲がりきれなかったとか、そんなんでしょうかね。それにしても、こんなに事故って続くもんかい? ていうぐらい、ホントにあちこちで。

大型トラックがびゅんびゅん行き交うようになったのが、近年のことで、まだ大型車両の運転に慣れていないから、とか、そういうことかしらん?

ただ、救いなのは、わたしが見た限りでは、どのトラックの運転手さんもケガもなくて、ピンピンしてたこと。

ひょっとしたら、「トラック横転時はこうすればオッケイ!」なんてマニュアルがあるんじゃないかって思ってしまうくらい、運転手さんたち、のんびりと事故ってました。

この中国の上昇気流で、思い出したのが、「高校生の意欲に関する調査」です。2007年に行われたこの調査で、日本、アメリカ、中国、韓国を比較すると、「偉くなりたい」と答えた高校生は、

中国34.4%、韓国22.9%、アメリカ22.3%、日本8.0%

という結果になりました。やっぱりね〜、予想通り、中国は高い。でも、日本だって、高度経済成長時代は、もっと高い数字が出たはず。

免疫学の権威、新潟大学の安保徹教授は、この結果について、「これからの日本にとってプラスの現象が起こっている」とおっしゃっています。

日本では、社会が成熟してきたので、「金持ちになっていい家に住みたい」という物質的欲求から、精神的な豊かさを求めるように変わってきた。

人は、競争よりは癒しを求めるようになってきている。うん、これからの日本は、ますます、スピリチュアルの世界に傾倒していくでしょう。うれしいネ。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、とってもうれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。