スポンサードリンク

2009年11月28日

ベアトリクス・ポター (2)

「ピーターラビット」の作者、ベアトリクス・ポターのお話です。ええっと、きのうは、ポターがロンドンから湖水地方に移り住んで、結婚して、視力低下のために創作活動から離れていった、というところまでお話しましたね。

そう、ここから、彼女の農民としての人生が始まるのです。豚や羊を飼育し、本格的な農場経営に乗り出します。そしてここでも、素晴らしい業績を残しています。

今でも、農業関係者の間では、ポターは、絶滅に瀕していたハードウィック種の羊を復興させたことで、知られています。

農場経営のかたわら、彼女は絵本の印税収入のすべてを注ぎ込んで、次々と土地や農場を購入します。

この美しい自然を残すには、自分で所有して、自分で管理するしかない。これは、環境保護団体ナショナルトラストとポタ−に共通するセオリーです。

金に抜け目がなくて、したたかな女だった。そんな雑音も聞こえてきますが、彼女の土地買い占めは、あくまでも開発の毒牙から自然を守るため。

生涯をかけて買い集めた4300エーカーの土地、14の農場と多数の家屋が、彼女の死後、遺言によってナショナルトラストに寄付されました。

これらの遺産は現在、湖水地方国立公園の一部となり、彼女が暮らしたヒルトップ農場の家屋は、一般公開されています。

1943年に村の農婦として77年の生涯を閉じたポターの、墓はありません。遺灰は、ヒルトップの森の一角に撒かれました。でも、その正確な場所を知る人は、もう、誰もいない……。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

ベアトリクス・ポター (1)

きのう、湖水地方のお話をしたんですが、湖水地方といえばヤッパリ、この超有名人のことをお話しておかなくちゃなりません。

湖水地方の超有名人、もちろん、ベアトリクス・ポターです、あの「ピーターラビット」の。

いやいや、わたしがお伝えたいのは絵本作家としてのポターじゃなくて、もうひとつ別の、あまり知られていない彼女の一面です。

もともと、ベアトリクス・ポターは、ロンドンのブルジョア階級の家庭に生まれた、まあ、いわば都会育ちのお嬢さま。

1882年、彼女が16歳のときに、一家で湖水地方に避暑に来て、彼女の将来を決定する大きな出来事がありました。

それは、後に自然保護団体のナショナルトラストを創立する、ローンズリー師との出会いです。

ポターの絵本制作も、自然保護にかける熱意も、すべて師の感化を受けたもの。

もしも、この出会いがなかったら、都会のお嬢さまが、田舎の農婦として生涯を終えることは、なかったでしょう。

ポターが36歳のとき、友人の息子に宛てた絵手紙をもとにした、「ピーターラビットのおはなし」が初めて出版されました。

それから3年後に、ニア・ソーリー村のヒルトップ農場を購入して、ロンドンと湖水地方を往復する生活が始まったのが、ポター39歳のとき。47歳で地元の事務弁護士と結婚して、村に定住します。

ところが、50を過ぎると視力が弱くなって、精密な絵が描けなくなったこともあって、創作活動から遠のいていきます。

そして、ここから、ポターの第二の人生が始まるのです。

                 ―― この続きは次回に ――


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

湖水地方

日本は先週末、3連休でしたね。
紅葉狩りの季節、紅葉を楽しまれた方も多かったのでは?

こちらイギリスは雨で、先週、湖水地方が記録的な豪雨に見舞われ、川が増水して6つの橋が崩落し、約1300世帯が浸水するなど、大変な被害が出ています。

わたしも、日本で水害にあった経験があるので、被災者の心情はよーくわかります。心よりお見舞い申し上げます。

幸い、わが家の地域には大きな川がないので、水害の心配はありませんが、ラジオから盛んに、「コカマス」という地名が聞こえてきました。

コカマスは、あの桂冠換詩人ワーズワースの生誕の地です。生家はナショナルトラストの所有で、一般公開されているので、わたしも訪れたことがあります。

湖水地方は、日本のガイドブックの表現を借りると、「富士五湖と蓼科と軽井沢、そして裏磐梯の五色沼をひとまとめにしたようなところ」で、本当に風光明媚です。

わたしたちがここを訪れたとき、湖畔にある古いお屋敷を借りて滞在しました。その大きなお屋敷が、観光客用のアパートになっているのです。

敷地内の森を抜けて湖に出ると、お屋敷専属のボートがありました。それを借りて、初夏の日の夕方、鏡のように静かな湖水にこぎ出しました。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮かべて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

思わず、わたしは中原中也の詩を口ずさんでいました。
そして、ふと岸辺を見ると……!

目の前に、あの光景があったのです。ほら、あの、東山魁夷の絵。湖畔に森があって、白馬が一頭。それが湖に映っている……。まさに、あの絵のまんまちゃん!

うん、ま、実際には白馬じゃなくて、茶色の馬2頭だったけど。でも、本当に、あんな風景が実在するのをこの目で見て、ううー、感激!

ね? すっごいロマンチックでしょう?
ハネムーンには最高だと思いますよ、湖水地方は。

え? うち? うちはダメです。父ちゃん、お笑い系だから。ロマンチックなシチュエーションになると、絶対、ギャグやってぶち壊し。

世の中には、うちのおっさんのように、ロマンチックに耐えられないイギリス男もいるのでございます、ハァ〜(タメイキ)。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

ロビン先生のご挨拶

今週は、メルマガ配信スタンドのメンテナンス、それからインターネット接続のトラブルとが続いて、メルマガの発行を2回お休みしました。申し訳ありません。

さて、さて、さて。
ずーーーーっと、体調を見ながらチマチマとやってきた、ウェブサイトのリニューアル、第一期工事(?)がようやく終了して、アップすることができました。

あ、ウェブサイトというのは、わたしの「イギリス英語」のウェブサイトです。どうやったら英語をマスターできるか、そのノウハウを提供するサイトです。英語学習者の方は、ぜひご覧になってください。

このメルマガは、英語学習者ではない方々にも読んでいただいていますが、そちらの皆様にも、ちょっとお知らせが。

このコーナーでおなじみのうちのワンコオヤジ、ちゃう、うちの先生の音声をアップしました。1分間ほどの短い挨拶ですが、そのクリアなブリティッシュ・イングリッシュをぜひ聞いてやってくださいませ。

下記のページに行って、AUDIOボタンをクリックしてください。声を聞けば、ちょっと身近に感じていただけるかも?
↓ ↓ ↓   
http://oe-taeko.lis-net.co.jp/profile.html


サイトはまだまだこれから更新して、コンテンツを充実していきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

【イギリス英語・イギリス留学で習う英会話】  
http://oe-taeko.lis-net.co.jp/

以前から、このメルマガのバックナンバーを、という声を読者さんからいただいています。バックナンバーを整理してまとめて、ひとつの教材として提供することも、予定しています。 その際にはまたお知らせします。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ

2009年11月13日

外国人が見た日本 (2)

きのう、YouTubeで「外国人が見た日本」のお話をしましたが、あのあと、ついでに 「外国人が見た日本 忘れ物が届く国」 を見たのです。

日本では、電車の中で、忘れ物をしても、それがちゃんと戻ってくる。それがすごい! 信じられない! という外人さんたちのお話です。

日本人にとっては、普通です、みたいなそういうことが、どれだけすごいことか、外国で暮らすと、よぉーーーーくわかります。骨身に染みて、わかります。しみじみと、わかります。(もうええ、てか?)

だから、海外在住すると、ほとんどの日本人がナショナリストになって、日本大好き!!! になっちゃうんですよ。いや、ホントに。

わたしが昔、京都から大阪に通勤していたころ、阪急の梅田駅で、しかも夕方の通勤ラッシュ真っ盛りで、財布を落としたんです。

あんなラッシュのなかで出てくるわけないやん、と、その時点であきらめたんですが、まあ、ダメモトで、一応、近くの曽根崎警察へ遺失物の届けを出しに行きました。

そしたら! なんと、なんと! 
わたしより先に、財布が届いてた!!!

だって、梅田の駅でハッとして、落としたと気がついて、それから梅田にある曽根崎警察へ行くのに、そんなに時間はかからなかったはず。だから、すでに届いていたなんて、ホントに、ホントに信じられなくて。

拾った人は、速攻で警察に届けてくれたんだよね、ううう……(感涙)。届けてくれた人、男性でしたが、もちろん、謝礼のお金を添えて、礼状を送りました。

ひたすら感激して、この話を友人にしたら、
「そやねん、わたしもそやねん。梅田で、あのすごいラッシュのときに、財布落として、もうアカ〜ンと思ったけど、出てきてん」と、おなじような体験を。

ああ、これが日本という国なのよ〜。
ロンドンで、あたしゃ2度も財布盗られたんだもんね。
日本とは、えらい違いだわいっ!

(注・もちろん、日本で忘れ物が100%出てきて、イギリスでは100%出てこない、ということではありませんので、念のため)


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

外国人が見た日本 (1)

最近、日本では、な〜んか、凶悪な殺人事件が続いてる……。結婚詐欺女に関連する不審死とか、島根の女子大生バラバラ事件とか。

ニュースを見るたびに、気持ちがダウンする今日このごろですが、ロンドンに住む日本人の友達からのメールで、チョイ救われた!

それは、「日本っていい国なのよ!」のメッセージとともに届いた YouTubeの動画であります。

「外国人が見た日本」というその動画で、数人の外国人が、日本の素晴らしさをいろいろと話しています。

うんだ、うんだ、日本はええぞ〜! 温泉旅館、ええなあ!
あーっ、オラッチも温泉に入りてえ! うー、長野の猿がうらやましい〜!

などと一人ごとを言いながら見ていて、一番印象的だったのは、チップのお話。外国と違って、日本には、チップの習慣がありません。

ある外国人が、喫茶店で、チップのつもりでテーブルに100円を残して出て行きました。

あら、大変! あの人、お金、忘れて行っちゃった!
喫茶店のお姉さんは、セミロングの髪を後ろでひとつに束ねてて、紺のカーディガンとか着てて、サンダル履いたままで駅前商店街を走って行きました。

うん、本当は、セミロングのひっつめ髪も、紺のカーディガンも違うかもしれないけど、いいのっ、きっとそうなんだからっ。イメージは「寅さん」の妹のさくら(倍賞千恵子)でお願いします。

で、駅に着いてハアハア、キョロキョロしてると、あっ、外人さんが改札を通ってホームに出て行くぅ〜! あわててポッケから自分のお財布出して、120円の入場券買って……。

そりゃ、外人さん、ぶったまげますよ。だって、100円返すのに、120円の自腹切るって、どうよ。西洋人には逆立ちしても理解できないコンセプト。

もう、こんな話を聞いただけで、「ああ、日本人!」って、じわ〜んとなっちゃう。わかる、わかる、そのさくら姉さんの気持ち。

でも、こんなことするの、ホント、世界でもきっと日本人だけ。
ただ、この話には、「昔」という言葉が入っていたけど、今なら、
あ、外人だからチップを置いていったんだ、あっりがとさん!
でしょうねえ、きっと。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ
| 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

IT時代

IT時代なんだなあ……と、あったりまえのことを、つくづく思ってしまったきのうでした。

きのうの朝、日本のサイトで、イギリス人女性リンゼイさん殺害の市橋容疑者のお母さんが、テレビに電話出演して自首を呼びかけたニュースが流れていました。

「親御さんも辛いよなあ…… 」と思いつつ、そのニュースを読んだのが、イギリス時間で朝の9時。日本では夕方だから17時です。

それからしばらくして、ヤホー、ちゃうわ、ヤフーのサイトにメールチェックに行ったら、市橋容疑者が逮捕された、というニュースが!

えーっ!と思って、ニュースを読んだら、110番通報によって警官が大阪南港のフェリーの待合室に到着したのが18時45分ごろ。職務質問のあとで連行されたのが19時ごろ。19時は、イギリスでは午前11時。

英紙タイムズのウェブサイトTIMESONLINE によると、イギリス中部のコヴェントリーに住むリンゼイさんの家族に、10日の午前中に、日本のテレビ局から、容疑者の身柄拘束のニュースが入った、とあります。

第一報が警察当局じゃなくて、日本のテレビ局から、というのもオドロキだけど、その日の午前たって、身柄を拘束されたのが11時ごろだから、もうお昼前。テレビ局がそのニュースをキャッチした時点で、すぐ家族に連絡が入ったんでしょうねえ。

で、うちの父ちゃんが自分のメールチェックしたときが12時ごろで、そのときにすでに、容疑者逮捕のニュースがイギリスのネットで流れていたそうです。

わたしが13時過ぎにネットでBBCだったかな? をのぞいたら、リンゼイさんのお父さんが自宅前でインタビューに応じている写真が載っていました。このときにはもう、イギリスのあちこちのサイトに、容疑者の整形手術前と後写真など、詳細情報が公開されていました。

これを書いている10日18時現在、ネットのニュースは更新されていて、BBCのサイトでは、リンゼイさんの家族全員がインタビューに応じている動画が掲載されています。

このビデオが、今夜のBBCのニュースで流れるのでしょう。テレビのニュースより先に、動画と写真と文章で見たから、もうテレビを見る必要がないくらい。

印刷する新聞と違って、ネットでは、刻々と世界中のニュースがリアルタイムで入ってきます。報道に時差がなくなったんだなあ、と、今更ながらに感じた一日でした。


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ

2009年11月05日

下戸でも飲めるワイン

今、目の前にポン!と20万円、いや、10万円でもいいや、出てきたら、あなた、何に使います?

わたしはネ、毎年11月になると、棚ボタで、ポンと10万円、落ちてこ〜い、こいと、ひたすら神さまにお願いするのです。

その10万円で何をするかというと、ヴェニスに行って、1週間なんて贅沢は申しません、2泊3日でもいいから滞在したいのです。

なぜ11月かというと、この時期に、ヴェネト地方で造られたワインが、ヴェニスのカンナレージョの酒屋に入荷するから。

いえいえ、わたしゃ、下戸なんで、お酒は飲めません。無理して飲むと、赤い発疹が出たり、心臓がドキドキするので、ダメなんです。

ところがっ!!!
ヴェネト地方には、下戸でも飲めるおいしいワインが存在するのだっ!

そして、カンナレージョの下町には、なんともレトロな酒屋があって、そこには、普通の瓶入りのワインはほとんどなくて、何十リットルも入る昔ながらの大きなガラスの酒瓶が、15コぐらい並んでいるのです。

その酒瓶の口には、ちょうど日本の灯油のポンプみたいな、プラスチックのポンプがついていて、地元の人は空き瓶を持って買いに来て、そのポンプで注いでもらうのです。

ほら、昔は日本でも、酒徳利を持って、お酒を買いに行ったんでしょう? お豆腐なんかも、容器を持って買いに行ったけど、まさに古き良き時代のあのシステム。

通りを歩いていたら、たまたま、酒屋のウインドウに、「トルボリーノ入荷しました!」という貼り紙があったのです。トルボリーノって、ボルサリーノの親戚かい? どんなんかな〜? 

店に入って、「トルボリーノくださいな」というと、赤か白か聞かれたので、「赤」と言いました。ていうか、父ちゃんに言わせたんですけど。だって、わたし、イタリア語できないもん。

すると、太っちょのおっちゃんが、ミネラルウォーターの空のペットボトルに、トルボリーノと書いてあるガラス容器から1リットルを量って入れてくれました。

まるでヴェニスの住民になった気分で、酒徳利(?)かかえて、アパートに帰って、飲んでみると──、

おおーっ! 軽くて、口当たりがよくて! 
フルーティで、非常に飲みやすいではないか! 
これなら、下戸のわたしにも飲めるではないか!
ないか、ないか!

カンパリのような、明るい赤がきれいで、パスタにもよく合うし。以来、すっかりトルボリーノのとりこになったわたしは、11月になると、あのワインが飲みたくて、飲みたくて。

棚ボタの10万円を神さまにお願いするんだけど、この7年間、まだ一度も祈願は成就せず。うーん、まだまだ精進が足らんか……?


★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ


| 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

ミシュランの星世界一

イギリスのテレビ番組に、スティーヴン・フライが司会をしているクイズ番組がありまして。

スティーヴン・フライって、あの、映画「ピーターズ・フレンズ」とか「オスカー・ワイルド」に出てた役者で、テレビシリーズの「ブラックアダー」にも出てたコメディアンです。

で、そのクイズ番組で、こんな質問があったんです。
「世界で、ミシュランの星の数が最も多い都市は、どこでしょう?」

さあ、どこだと思います? あなたも考えてみてください。
回答者から、「パリ?」「ニューヨーク?」などの声が上がったけど、正解者なし。

答えは、ジャーン! 東京です!

そうだろうねえ、わっかるわあ。日本ぐらいバラエティに富んだ食べ物がある国って、ないですよ、いや、ほんとに。

だって、パティシエとか、ピザ職人とか、その本国のフランス人とかイタリア人を追い越して、コンテストで日本人が優勝しちゃうわけでしょ。すごいよねえ。

で、そういうエキスパートたちが日本に帰ってお店を開くし、和、洋、中のバラエティで、それぞれ達人がいるわけだから。

イギリスにいると、ほんっとに食がワンパターンなんで、ううう、オイラ、悲しい(涙)。でも、イギリス人て、食いしん坊じゃないから、それでオッケイみたい。

前回のお話のボスニアのモスタルで、ランチのときに、イギリス人のおっちゃん、おばちゃん、8人で相席したんですよ。そしたら、彼らは、メニューの写真を見て、チキンサラダとか、スパゲッティとか、バーベキューとか注文するんだよねえ。

おいおい、こらっ、ちょっと待てい、イギリス人! あんたら、ボスニアまで来て、そりゃないだろが!

でも、メニューの「郷土料理」のページとにらめっこして、うー、これは何だ、JAPRAKって、何? BEGOVA って何のスープだろう? と、悩みまくっていたのは、日本人のわたしただ一人。

彼らは、どこへ行っても、自分の知っているものだけを、安心して食べる。そういうイギリス人と暮らすと、食にエキサイトしないから、ぜんぜんつまんない。

その反面、おかげさまで、食べ物に関して、「こんなもんが食えるか!」と、星一徹的ちゃぶ台返し現象は起こらない。

何を出しても、おいしい、おいしいと食べてくれるので、ま、主婦としては、楽っちゃぁ、楽。でもなあ……。



★ランキングに参加しています。
応援クリックしていただけると、うれしいです。
 ↓ ↓ ↓
海外生活ブログ


【イギリス生活よもやま話】のトップへ




| 食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。